メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

賢い選択

薬の効果/4 脊髄新治療、揺らぐ信頼

ステミラックの試験や効果に疑問を示す英科学誌ネイチャーの記事

 医薬品や再生医療製品などの有効性や安全性を確かめるために不可欠なのが臨床試験だ。そのやり方がずさんだと、本来の目的が達成できないか、結果の信頼性が揺らいでしまう。「賢い選択」の新シリーズ4回目は、試験のあり方を巡って批判の出ている脊髄(せきずい)損傷の新治療を取り上げる。

 ●「再生医療で改善」

 事故などで脊髄を損傷した患者の、失われた運動や知覚の機能を回復させるため開発された再生医療製品「ステミラック」。2019年5月放送のテレビ番組で、脊髄損傷で手足がほとんど動かなくなった患者にステミラックを投与し、翌日には車椅子をこげるまでに回復した姿を取り上げた。番組で医師は「神経は一回やられると治らないということだったが、それが可能だと分かった」と効果を強調した。

 ステミラックは札幌医大とニプロが開発し、18年12月に製造販売の承認を国から得た。治療では、患者の骨髄液に含まれる「間葉系幹細胞」を採取。2~3週間かけて約1億個に培養し、静脈に点滴で戻す。脊髄には脳からの指令を手足に伝える神経がある。幹細胞は損傷した部分に集まり、神経細胞の再生を促す成分を出したり、幹細胞が神経細胞に変化したりして、患者の機能が改善するとされる。

この記事は有料記事です。

残り950文字(全文1467文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型コロナ 新たに259人感染 国内計2933人に 東京で最多78人 山形で初確認

  2. 宮藤官九郎さん新型コロナ感染 「まさか自分が、と過信してしまい…」

  3. ファクトチェック 「死者数もっと多い」は本当か 死因不明の遺体「コロナだったら…」葬儀業界困惑

  4. 緊急事態宣言は「抜かない宝刀」? 安倍政権が恐れるシナリオ 新型コロナ

  5. 消えた「春開催」 小池知事のあの一言から…東京オリンピック1年延期

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです