メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型肺炎 インフルより症状長く 発熱、断続的でも相談を

新型肺炎の相談・受診の目安

 新型コロナウイルスの感染症について、地域の保健所などに設置された「帰国者・接触者相談センター」に相談する目安が示された。国がこうした目安を示すのは初めてで、高齢や基礎疾患があるなど重症化のリスクがある人が、適切なタイミングで受診できるようにする狙いもある。厚生労働省への取材を基に、どう行動すればいいのかをまとめた。【金秀蓮】

 Q 目安では「風邪の症状や37・5度以上の熱が4日以上続く」とあるが、3日目に熱が収まり、数日後に再び熱が上がったらどうすればいいのか。

この記事は有料記事です。

残り563文字(全文796文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 警視庁 留置されている男が感染 新型コロナ

  2. 和太鼓演奏グループ「DRUM TAO」メンバー感染 クラスター発生か

  3. 感染者全国5番目、死者は東京に次ぐ2番目 なのになぜ愛知は「宣言」対象外?

  4. 新型コロナ 名古屋、往来ひっそり 愛知、緊急事態宣言対象外

  5. 「歌舞伎町のホスト、名古屋への出張営業」 情報拡散 店が愛知県知事に釈明し謝罪

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです