メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

外国人客退避へ調整 各国、チャーター機派遣

 茂木敏充外相は18日の記者会見で、横浜港に停泊中のクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」で新型コロナウイルスの感染が拡大している事態を受け、自国民を退避させるためにチャーター機などを派遣する各国・地域と受け入れに向けた調整を進める考えを示した。カナダやオーストラリア、イタリア、香港などが航空機を派遣する意向を明らかにしているという。

 日本政府は19日から、健康観察期間(14日間)を終えて陰性が確認された乗客の下船を始める。クルーズ船には外国籍の人も1000人以上おり、陰性の確認を待たずに速やかに自国民を退避させる意向を示している国・地域がある。

この記事は有料記事です。

残り329文字(全文605文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 吉沢悠が新型コロナ感染で入院 「咳、背中の痛み…」PCR再検査で「陽性」確認

  2. 菅官房長官、アベノマスクしないのは「暑そうで」 ネット番組で

  3. 「うがい薬発言で現場混乱」 大阪府歯科保険医協会が吉村知事に抗議

  4. 朝鮮人追悼式 小池都知事、今年も追悼文を出さない意向

  5. 中村文則の書斎のつぶやき コロナから逃げる政権

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです