新型肺炎対策会議 小泉氏ら3大臣欠席は「用務」 菅氏「必要ならやむをえない」 官房長官会見詳報

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
菅義偉官房長官=川田雅浩撮影
菅義偉官房長官=川田雅浩撮影

 新型コロナウイルス感染症や和泉洋人首相補佐官の出張を巡る問題などについて、19日午後の菅義偉官房長官の記者会見で質疑があった。16日に首相官邸で開かれた新型コロナウイルス感染症対策本部会議(全閣僚がメンバー)について、18日の衆院予算委員会で「反省」した小泉進次郎環境相と森雅子法相以外に、萩生田光一文部科学相も「用務のため」欠席し、副大臣や政務官が代理出席したと明らかにした。また「必要な公務や用務であれば欠席はやむを得ない」との認識を示した。

 一方、和泉氏と厚生労働省の大坪寛子官房審議官が2018年の4回の海外出張時に内部がつながった「コネクティングルーム」に宿泊した問題では、菅氏は「安倍晋三首相と竹本直一科学技術担当相が和泉補佐官を注意した」と説明する一方、大坪氏については「(大坪氏の業務に関する)責任者が和泉補佐官なので、責任者に注意をした」と述べた。主なやりとりは以下の通り。【秋山信一】

この記事は有料記事です。

残り2533文字(全文2936文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集