メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

シリア人道危機深刻 避難民90万人以上 1月以降民間人300人死亡

トラックの荷台に乗りシリア北部アレッポから逃れてきた避難民たち=北西部イドリブ近郊で2020年2月11日、ロイター

 国連人権高等弁務官事務所のバチェレ高等弁務官は18日、内戦下のシリア北西部での戦闘激化に伴って深刻化する人道危機について「高齢者や病人、子供ら脆弱(ぜいじゃく)な人たちがかつてないほど危険な状況に置かれている」と懸念を表明した。2019年12月からの2カ月半で90万人以上が避難民となり、氷点下の厳しい気象条件に耐えているという。

 シリアでは反体制派の最後の拠点であるイドリブ県など北西部でアサド政権軍が激しい攻勢をかけている。国連によると、戦闘に巻き込まれて死亡した民間人は1月以降298人に上り、2月だけでも少なくとも100人が死亡。医療施設10カ所、教育施設19カ所が攻撃されたという。

この記事は有料記事です。

残り340文字(全文637文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新たに5759人の感染確認 重症者972人、14日連続で過去最多

  2. お年玉付き年賀はがきの当選番号決まる 賞品引き換えは7月20日まで

  3. 阪神大震災 命救う、今こそ 犠牲乳児抱いた中2の30分、看護師原点

  4. 菅首相、異例のステイホーム 就任後初めて宿舎から外出せず

  5. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです