「見えない恐怖」「初期対応に問題」「検証が必要」 クルーズ船乗客、不安抱え下船へ

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
停泊するクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」(奥)=横浜市鶴見区の大黒ふ頭で2020年2月18日、中村琢磨撮影
停泊するクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」(奥)=横浜市鶴見区の大黒ふ頭で2020年2月18日、中村琢磨撮影

 新型コロナウイルスの集団感染が確認された横浜港停泊のクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」(乗員乗客3711人)で、厚生労働省は19日から、ウイルス検査が陰性で症状がない乗客の下船を始める。停泊が始まった今月3日から2週間以上。船内には3100人以上が残っているとみられ、“閉鎖空間”で神経をすり減らした乗客らは、下船してようやく日常生活に戻ることになる。

 「私も感染しているかもしれない。(下船しても)家族にうつしてしまわないだろうか」。神戸市の女性乗客(67)は18日、後日に迫った下船案内の船内アナウンスを聞きながら、電話での取材に対し、不安を隠さなかった。夫婦ですでに検査を受けているが、女性は「陰性と判定されても実際は感染しているのかもしれない。見えない恐怖感というか、マイナス方向に考えてしまう」と話す。

この記事は有料記事です。

残り1053文字(全文1412文字)

あわせて読みたい

注目の特集