メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

あの日の記憶NYにも 3月8日に東日本大震災追悼式 岩手・野田村民が初参加

米ニューヨーク市で開かれる東日本大震災追悼式を前に、いろりを囲んで打ち合わせをする坂本久美子さん(右端)ら=岩手・野田村で

 東日本大震災の犠牲者への追悼式が、米ニューヨーク市で3月8日に開かれる。震災から9年を迎え記憶の風化を防ごうと、岩手の野田村民も初めて参加する。被災地の復興状況を報告するほか、これまでの支援への感謝を伝える。

 主催はニューヨーク市近郊に住む東北6県と北海道出身者で構成する連合会の「ほくほく会」。今回で9回目。

 参加するのは野田村で植樹活動をする住民団体「のだ千年の松」代表の坂本久美子さん(61)とメンバーら計8人。同村在住の高校1、2年女子2人も加わっている。

この記事は有料記事です。

残り566文字(全文799文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 無銭飲食、中洲のVIPルームでドンペリなど110万円 39歳容疑者逮捕

  2. 人気ラーメン店にピエロ覆面空き巣 埼玉「ジャンクガレッジ」、4容疑者逮捕

  3. 民主活動家・周庭氏保釈される 黄之鋒氏らが出迎え 香港警察が10日に逮捕

  4. 保釈の周庭氏、欅坂46「不協和音」脳裏に 「これからどんどんつらくなるかも」

  5. 御巣鷹墜落事故で救出、今は3児の母に 川上慶子さんの伯父が振り返る35年

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです