JAXA、次は火星衛星「フォボス」着陸へ はやぶさ2に続く人類初の探査計画 24年打ち上げ

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
火星の衛星フォボス=米航空宇宙局(NASA)提供
火星の衛星フォボス=米航空宇宙局(NASA)提供

 小惑星探査機「はやぶさ2」に続く、宇宙から地球に試料を持ち帰る日本の探査計画の目標天体が、火星を周回する衛星「フォボス」に決まった。火星の衛星は人類が本格的に探査したことがなく、探査機の火星圏と地球の往復も世界初となる。宇宙航空研究開発機構(JAXA)は2024年の打ち上げ、29年の帰還を目指す。

 ミッション名は火星衛星探査計画(MMX)。宇宙から試料を持ち帰る探査は「サンプルリターン」と呼ばれ、MMXは「はやぶさ」「はやぶさ2」で日本が確立したサンプルリターンの技術を継承する。

 火星は直径約23キロのフォボスと、約12キロのダイモスの二つの衛星が周回している。MMXではいずれかへ着陸する計画だったが、これまで行き先はどちらか決まっていなかった。探査機はフォボスに数時間着陸し、表面を覆っているとみられる砂を10グラム以上採取することを目指す。

この記事は有料記事です。

残り313文字(全文690文字)

あわせて読みたい

注目の特集