メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

台風15号は「房総半島台風」、19号は「東日本台風」に 気象庁が命名

気象庁

[PR]

 気象庁は19日、日本に昨年上陸して大きな被害をもたらした台風15号を「令和元年房総半島台風」、19号を「令和元年東日本台風」と名称を定めた。台風を名付けるのは1977年の「沖永良部台風」以来、43年ぶり。

 台風は大きな災害につながった場合に名称が付く。気象庁は2018年、名称を定める基準を「損壊家屋1000棟以上、浸水家屋1万棟以上」などと設定した。台風15号は損壊家屋が、19号は両方が基準に達した。

 台風15号は19年9月に千葉市付近に上陸し、暴風で長期間の停電が発生した。総務省消防庁によると損壊家屋は全壊391棟、半壊4204棟。台風19号では10月、関東甲信や東北地方で多くの河川が氾濫し、死者と行方不明者は計102人に上った。損壊家屋は全壊3280棟、半壊2万9638棟。浸水家屋は3万棟以上に達した。

 気象庁の関田康雄長官は19日の記者会見で「名称が利用されることで、災害の経験や教訓が後世に効果的に伝承されてほしい」と話した。【池田知広】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ブルーインパルス飛行「プロセスはどうでもいい」 経緯明かさぬ河野防衛相に疑問の声

  2. ブルーインパルス都心飛行「私が指示」 河野防衛相がブログで明かす

  3. 「花火を見て元気になって」 新型コロナ終息願い、各地で“サプライズ”打ち上げ

  4. 「ウイルスある程度まん延」専門家が読む北九州の現状 他都市も再燃警戒

  5. 「桜を見る会」招待者内訳の調査記録作成せず 菅氏「対象者少数だったので」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです