メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東京マラソン 約7億円の参加料はなぜ返せないのか 新型肺炎で一般参加中止

東京マラソンで次々とフィニッシュするランナーたち=東京都千代田区で2019年3月3日午後(代表撮影)

 新型コロナウイルスによる感染拡大を受けて、一般ランナーの参加取りやめという異例の事態に発展した東京マラソン。主催の東京マラソン財団が参加料を返金しない方針を公表し、参加するはずだったランナーからは「参加料を返して」という声も上がっている。イベント中止や延期の際には、興行中止保険が適用されて主催者側に保険金が支払われ、払い戻しが行われるケースもあるようだが、今回はどうなのか。【倉沢仁志/統合デジタル取材センター】

この記事は有料記事です。

残り1845文字(全文2053文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. コロナ交付金で宇宙展示、トイレ改修、鐘… 佐賀県知事に議会で疑問噴出

  2. パシフィコなどでの大規模イベント誘致へ コロナ対策徹底、助成に応募多数 横浜

  3. 山形市の「初市」 位置情報使い、来場者常時5000人に制限 LINEで通知も

  4. クローズアップ GoToトラベル自粛要請 政府と都、急転決着 押しつけ合いの末

  5. 新型コロナ 全国最多4990人、届かぬ支援 自宅療養、不安だらけ 単身者の食事、買い出し行くしか…

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです