メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

町外在住職員に「ふるさと納税を」新潟・阿賀町長が迫る 返礼品はコシヒカリや地酒

新潟県阿賀町役場=阿賀町津川で2020年2月19日午後0時4分、露木陽介撮影

 新潟県阿賀町の神田一秋町長(60)が、町外在住の町職員約20人に、ふるさと納税で町へ寄付を求めていたことがわかった。控除が最大になるよう、寄付の額も町長が示しており、書類も町長が用意していたという。

 町によると、町長は2019年12月中旬から下旬にかけ、新潟市や阿賀野市など町外に住む約20人の職員に対し、本庁舎に勤務する職員は町長室に呼んで口頭で、支所の職員には電話をした上でメールで、それぞれ寄付を…

この記事は有料記事です。

残り304文字(全文506文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 判決に涙を流した周庭氏 禁錮10月の実刑で初の収監、保釈申請も却下 香港

  2. コロナ感染半年後も98%が抗体保有 重症度高いほど防ぐ能力強く 横浜市大

  3. 大阪で新たに427人の感染確認 400人超えるのは4日ぶり 新型コロナ

  4. 持続化給付金詐取の疑い 国立印刷局の職員2人を逮捕、国家公務員で初 警視庁

  5. 中国産ウナギ1200匹を国産と偽り販売 容疑で元従業員ら書類送検 大阪府警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです