メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

池江選手「生きていることが奇跡」 白血病公表後初のメディア 報ステ出演

池江璃花子選手=2018年9月、宮間俊樹撮影

 白血病と闘っている競泳女子の池江璃花子選手(19)=ルネサンス=が、昨年2月の病名公表後初めてメディアの取材に応じた。19日夜に放送されたテレビ朝日「報道ステーション」で、「ここにいることが奇跡。生きていることが奇跡。自分の人生にとって大きなターニングポイント」と語った。

 池江選手は番組で元プロテニス選手の松岡修造さんと対談。病気を告げられた時の心境について、「病気になったらなったで頑張るしかない。東京五輪で金メダル候補といわれ、自分ではわからなかったけれどプレッシャーがあった。金メダルという言葉から解放され、ポジティブに切り替えられたのかもしれない」と振り返った。

 池江選手は昨年12月に退院。東京五輪出場を断念し、2024年パリ五輪を目指す意向を示している。「パリが一番の目標。パリがだめでも次がある」と話した。今月8日には自身のインスタグラムを更新し、トレーニングを再開したことを明らかにして…

この記事は有料記事です。

残り49文字(全文452文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ファクトチェック 新型コロナ「五輪延期後に検査急増」は本当か 「感染隠蔽」説を検証すると…

  2. NYの看護師が死亡 防護服不足でごみ袋着用 新型コロナ

  3. 専門家、新型コロナ「第2波」懸念 「中国と比べものにならない感染者が日本に」

  4. 安倍首相「長期戦の覚悟を」「気を緩めれば急拡大」「現金給付行う」 新型コロナで記者会見

  5. 特集ワイド コロナショック マスク買い占めは迷惑行為 「どうしても欲しくて」長い行列…

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです