メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サワコの朝

「一言で言うと自信がなかった」 メンタルの弱さに苦悩した松岡修造さんの過去

「情熱大陸」に登場する松岡修造さん(右)=MBS提供

[PR]

 トーク番組「サワコの朝」(MBS/TBS系全国ネット、2月22日午前7時半~8時)のゲストは、元プロテニスプレーヤーの松岡修造さん。

 現役時代は、闘志あふれる選手として日本のプロテニス界を牽引。1995年のウィンブルドンでは、当時、日本人男子選手として62年ぶりとなるベスト8入りを達成するなど、偉大な功績を残してきた。

 引退後は、スポーツキャスターとして様々な競技大会で選手に熱いエールを送る松岡さん。その“熱血キャラ”は瞬く間に浸透し、新入社員による理想の上司ランキングでは「やる気を引き出してくれそう」という理由から、3年連続で1位を獲得。自身を鼓舞した“修造語録”をつづった日めくりカレンダーは、累計発行部数100万部を突破するなど“日本の応援団長”として活躍している。

 そんな松岡さんだが、みんなを明るくする表の顔とは裏腹に、自分自身は“ネガティブ”だという。「『できない』や『無理だよ』は、一番最初にやってくる。一言で言うと自信がなかった」と切り出すと「ボレーでミスしたら、自分にナイスショット!と言っていた」と、メンタルの弱さに苦悩した現役時代を吐露。「テニスは、決断しなきゃいけないスポーツ」と説明し、強くなるために取り組んだ“決断力を培うためのトレーニング”やメンタルの鍛え方をサワコに伝授した。

 一方で、ジュニアの育成にも尽力する松岡さんは、18歳以下の全国トップレベルの男子選手を対象とした強化育成合宿の代表を務めている。番組では、11歳からその合宿に参加していた錦織圭選手との厳しい練習風景のVTRを紹介しながら、当時のエピソードを話してもらった。

 うまくいかなかった日は、寝る前の全力笑顔で心をリセットするという松岡さん。修造流メンタルの鍛え方をサワコに教えてくれた。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アイリスオーヤマ、国内でマスク生産 月6000万枚供給へ

  2. 一律の現金給付断念 自民が提言案まとめ 「所得減で生活支障の世帯・個人」対象

  3. ファクトチェック 「死者数もっと多い」は本当か 死因不明の遺体「コロナだったら…」葬儀業界困惑

  4. 新型コロナ 通夜や葬儀への参列で集団感染 松山

  5. 西村担当相は否定 ネットで緊急事態宣言「記者に漏らした」情報 法的措置も検討

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです