メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サワコの朝

「一言で言うと自信がなかった」 メンタルの弱さに苦悩した松岡修造さんの過去

「情熱大陸」に登場する松岡修造さん(右)=MBS提供

[PR]

 トーク番組「サワコの朝」(MBS/TBS系全国ネット、2月22日午前7時半~8時)のゲストは、元プロテニスプレーヤーの松岡修造さん。

 現役時代は、闘志あふれる選手として日本のプロテニス界を牽引。1995年のウィンブルドンでは、当時、日本人男子選手として62年ぶりとなるベスト8入りを達成するなど、偉大な功績を残してきた。

 引退後は、スポーツキャスターとして様々な競技大会で選手に熱いエールを送る松岡さん。その“熱血キャラ”は瞬く間に浸透し、新入社員による理想の上司ランキングでは「やる気を引き出してくれそう」という理由から、3年連続で1位を獲得。自身を鼓舞した“修造語録”をつづった日めくりカレンダーは、累計発行部数100万部を突破するなど“日本の応援団長”として活躍している。

 そんな松岡さんだが、みんなを明るくする表の顔とは裏腹に、自分自身は“ネガティブ”だという。「『できない』や『無理だよ』は、一番最初にやってくる。一言で言うと自信がなかった」と切り出すと「ボレーでミスしたら、自分にナイスショット!と言っていた」と、メンタルの弱さに苦悩した現役時代を吐露。「テニスは、決断しなきゃいけないスポーツ」と説明し、強くなるために取り組んだ“決断力を培うためのトレーニング”やメンタルの鍛え方をサワコに伝授した。

 一方で、ジュニアの育成にも尽力する松岡さんは、18歳以下の全国トップレベルの男子選手を対象とした強化育成合宿の代表を務めている。番組では、11歳からその合宿に参加していた錦織圭選手との厳しい練習風景のVTRを紹介しながら、当時のエピソードを話してもらった。

 うまくいかなかった日は、寝る前の全力笑顔で心をリセットするという松岡さん。修造流メンタルの鍛え方をサワコに教えてくれた。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「もう一度めぐみを…」 講演1400回、署名1300万超…声を力に訴え続け 横田滋さん死去

  2. 東京メトロ虎ノ門ヒルズ駅が開業 日比谷線全線開業から56年で初の新駅

  3. ORICON NEWS 生田斗真&清野菜名が結婚発表「お互いを支え合いながら共にこの危機を乗り越え」

  4. 自衛隊員の「テンピン停職」知りながら…法務省、黒川氏処分の「参考にせず」

  5. 「9月入学」狂騒曲 首相「指示」で始まったが…文科省幹部「最初から無理だと」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです