メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今どきの歴史

『大地の古代史』(三谷芳幸著) 重層化する未開と文明

「土公神」の石碑=東京都江東区の陶首稲荷神社で

 今、大忙しの菅原道真公(天神様)が神になったのは、謀略で都を追われてたたりをなし、恐れおののいた政敵に祭られたからだ。そのように、平安時代には怨霊(おんりょう)やもののけが跋扈(ばっこ)した。中でも過敏なまでに恐れられたのが、大地にひそむたたり神「土公(どこう)」だった。

 大地をめぐる人々のリアルな感覚に迫る『大地の古代史』(吉川弘文館)が出た。今、歴史となっている諸制度の背後に、実は超自然的な力が常々働いてきた実態がうかがえ、刺激的だ。

 著者の三谷芳幸・筑波大准教授(日本古代史)は土地制度史・律令制が専門。「律令国家の制度から古代の土地問題を考えてきたが、制度の深層にある思想や宗教といった世界も追究しないと理解できません」と話す。正と負、両方の力を人々に及ぼすのが大地だ。

この記事は有料記事です。

残り1349文字(全文1691文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京メトロ東西線の線路上に支障物 一時全線運行見合わせ 飯田橋駅付近

  2. #排除する政治~学術会議問題を考える 「まるでモラハラのよう」 矛盾だらけの「改革」論議 名大・隠岐さや香教授

  3. 「富士山ビュー特急」運転席でふれあい 富士急イベントに親子連れが参加 山梨

  4. ヘイトスピーチ反対運動続けた崔江以子さんらに人権賞 罰則条例制定に貢献 東京弁護士会

  5. 社会から「消された存在」だった 18年軟禁された女性、自立探る今

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです