メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

きままに演芸

東京・神保町によしもと劇場

「神保町よしもと漫才劇場」オープン発表記者会見=東京都千代田区で

 吉本興業所属で、東京を拠点にする芸歴6年目以下の若手芸人が出演する「神保町よしもと漫才劇場」が神保町シアタービル2階(東京都千代田区)にオープンした。養成所を卒業した新人を育てるのと同時に、新たなスターを発掘する場を目指す。

 劇場であった記者会見には令和ロマンやバニラボックスなど、1月に開催されたオーディションライブを勝ち上がった漫才師14組が登壇。「ネタを磨いてこの劇場で輝けるようになりたい」などと抱負を語った。客席数は126席で古書の街、神保町にちなんで本をデザインした舞台になっている。

 大阪・ミナミでは2014年、東京に先行して「よしもと漫才劇場」がオープンしている。この日はアインシュタインやミキ、ミルクボーイなど大阪の漫才劇場で実力をつけた人気コンビもお祝いに駆けつけた。昨年のM―1グランプリで優勝し、一躍売れっ子となったミルクボーイの内海崇は「ずっと人気がなくて、漫才劇場のチケットも全然売れていなかった。それでも面倒を見てもらい、やっと貢献できるようになりました」とあいさつ…

この記事は有料記事です。

残り230文字(全文679文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 沖縄知事の日替わりマスクは妻の手作り10種類 「あれが2枚なら欲しい」の声も

  2. 新型コロナ予防しようと…BCGワクチン接種ミス 成人に“絶対禁止”の皮下注射

  3. 感染遺体、難しい取り扱い 「葬儀体制が崩壊」…危惧する業者、独自に自衛

  4. 石川県知事が「全面方針転換」 首都圏から訪問、自粛要請 県内でクラスター発生

  5. 次亜塩素酸水 手指消毒の有効性は「未確認」 政府答弁書

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです