女川原発再稼働 町議会に請願、陳情 推進と反対両派 /宮城

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 東北電力女川原発2号機の再稼働を巡り、立地する女川町の3月町議会を前に、推進と反対のグループがそれぞれ請願や陳情を提出し、議会の意思表明を求める。いずれも、再稼働の「事前同意」の権限を持つ町長の判断に反映させるため議会の表明を促す狙いだ。

 推進派の女川町商工会は19日、「再稼働に関する意見書を求める陳情書」を町議会事務局に提出。同会によると、安全性や管理の計画が適正か判断して、再稼働に関する意見書を町議会から町と県に出すよう求めた。担当者は再稼働による経済効果に期待する一方、「何を差し置いても再稼働を、という趣旨ではなく、検討を求める内容」と説明する。

 同会の高橋正典会長は、東日本大震災後に町民が原発敷地内の体育館で避難生活を続けたことをあげて、東北電との「信頼関係が大きい」と強調する。

この記事は有料記事です。

残り479文字(全文828文字)

あわせて読みたい

注目の特集