スマホのアプリ開発 まばたきでメッセージ送信 並木中等・柴沼さん 回数に応じて「会話」 /茨城

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
アプリを開発した県立並木中等教育学校3年、柴沼纏さん=茨城県つくば市並木4で
アプリを開発した県立並木中等教育学校3年、柴沼纏さん=茨城県つくば市並木4で

 つくば市にある県立並木中等教育学校3年、柴沼纏(まとい)さん(14)が、まばたきをすることで事前に登録したメッセージを送信できるスマートフォンのアプリを開発した。「病気や障害で言葉を発することができない人たちを支援したい」と実用化を目指している。【川崎健】

 アプリを起動した状態でスマホのカメラに向かい、続けてまばたきをすると、回数が認知される。その回数に応じ、事前に登録したメッセージが自動で「LINE(ライン)」に送信される仕組み。

 柴沼さんは、1~7回のまばたきに応じて、7種類の短いメッセージを設定。まばたき1回は「おはよう」、4回なら「ありがとう」、5回なら「水が飲みたいです」といった具合だ。

この記事は有料記事です。

残り573文字(全文876文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集