銚子市財源不足4億円 借り入れで対応 20年度予算案 /千葉

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 財政難が続く銚子市は19日、2020年度一般会計当初予算案を発表した。一般会計の財源不足は約4億4000万円に及んでおり、水道事業会計からの借り入れや補正予算への先送りで対応した。貯金に相当する財政調整基金は1億850万円(3月末)に落ち込む見込みで、越川信一市長は「厳しい財政状況の中、異例の方法で帳尻を合わせた面もある」と話した。

 一般会計は前年度比15・6%増となる276億2800万円。銚子、旭、匝瑳3市の共同事業であるごみ処理施設建設工事が本格化、事業費が33億円余り増加し、予算総額を押し上げる形となった。

この記事は有料記事です。

残り274文字(全文534文字)

あわせて読みたい

注目の特集