特集

第94回センバツ高校野球

第94回選抜高校野球大会の特集サイトです。阪神甲子園球場での熱戦全31試合をLIVE配信します。

特集一覧

春風と共に

選手紹介/4 天理・田中輝希二塁手/智弁学園・浦谷直弥二塁手 /奈良

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
田中輝希選手=小宅洋介撮影 拡大
田中輝希選手=小宅洋介撮影

華麗さより堅実プレー 天理・田中輝希二塁手(2年)

 堅実な守備に自信がある。以前は華麗なプレーにあこがれていたが、「それでは周囲から認められない」と2019年春ごろから意識を変えた。打撃では好機に強く、近畿大会決勝の大阪桐蔭戦では六回2死二塁から適時打を放ち、大量得点の口火を切った。

 出身地の大阪で幼い頃から一緒にプレーしていた親友が島根の高校にいる。「いつか甲子園で対戦しよう」と語り合ってきたが、今回は自分が先に夢の舞台に進む。「夏は一緒に出ような」。親友から掛けられた言葉を忘れない。

 野球をする上で最も大切にしているのは共に暮らし、プレーする「仲間」。そんな仲間からは「頭の形が似ている」という理由で親しみを込めて「タピオカ」と呼ばれている。

好きな言葉「首位打者」 智弁学園・浦谷直弥二塁手

浦谷直弥二塁手=萱原健一撮影 拡大
浦谷直弥二塁手=萱原健一撮影

 2019年秋以降の公式戦8試合で打率5割をマーク。秋の近畿大会では4強を懸けた智弁和歌山戦で4打数2安打1打点の活躍を見せた。目標とする打者は楽天の浅村栄斗選手で、「右にも左にも打ち分け、長打も狙える打者になりたい」。

 「苦手な守備」を克服するためノック練習では一球一球大切に取り組んでいる。副主将でムードメーカー。チームメートからは「声が大きすぎて、逆にほとんど聞き取れない」と言われる。「とにかく練習や試合のプレーの中で大きな声を出して盛り上げたい」

 漫才コンクール「M―1グランプリ」が好きで、お笑いコンビ「サンドウィッチマン」のファン。好きな言葉と将来の夢は「首位打者」。

あわせて読みたい