総社市、マラソン決行 新型コロナ感染拡大「東京に迎合せず」 /岡山

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
「2020そうじゃ吉備路マラソン」について予定通り開催する方針を発表した片岡聡一市長(中央)=総社市で、益川量平撮影
「2020そうじゃ吉備路マラソン」について予定通り開催する方針を発表した片岡聡一市長(中央)=総社市で、益川量平撮影

同日の「かき祭」中止 備前市

 総社市は19日、23日に開催予定の「2020そうじゃ吉備路マラソン」について、安全対策を講じた上で予定通り開催する方針を発表した。新型コロナウイルス感染拡大を受けて東京マラソンの一般参加が中止になったことなどもあり、問い合わせが殺到していた。今後、県内で感染が拡大するなど状況が変化すれば、改めて中止を検討するとしている。

 記者会見した片岡聡一市長は、参加者の8割以上が県内在住であることなどを踏まえ、「東京マラソンに迎合する必要はない。できる限りの防御策をとり、楽しんでもらいたい」と話した。

この記事は有料記事です。

残り304文字(全文566文字)

あわせて読みたい

注目の特集