メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

総社市、マラソン決行 新型コロナ感染拡大「東京に迎合せず」 /岡山

「2020そうじゃ吉備路マラソン」について予定通り開催する方針を発表した片岡聡一市長(中央)=総社市で、益川量平撮影

 総社市は19日、23日に開催予定の「2020そうじゃ吉備路マラソン」について、安全対策を講じた上で予定通り開催する方針を発表した。新型コロナウイルス感染拡大を受けて東京マラソンの一般参加が中止になったことなどもあり、問い合わせが殺到していた。今後、県内で感染が拡大するなど状況が変化すれば、改めて中止を検討するとしている。

 記者会見した片岡聡一市長は、参加者の8割以上が県内在住であることなどを踏まえ、「東京マラソンに迎合する必要はない。できる限りの防御策をとり、楽しんでもらいたい」と話した。

この記事は有料記事です。

残り318文字(全文566文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. #排除する政治~学術会議問題を考える 「発禁処分までほんのひとまたぎ」 作家・村山由佳さんが語る言論の今と伊藤野枝

  2. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

  3. ORICON NEWS 白石麻衣、「唯一の同い年」松村沙友理の手紙に涙[手紙全文]

  4. 元慰安婦の韓国女性が来日 「『強制でない』は耐えられない」

  5. ボンベガス吸う遊び中に爆発、アパート2室焼ける 重過失失火容疑で10代3人逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです