メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

石川創先生の鯨塾

/11 捕鯨と動物福祉 改善重ね苦痛小さく /山口

洋上の調査母船で、採集船の砲手を集めて鯨の急所について講習する=1997~98年の南極海鯨類捕獲調査時、日本鯨類研究所提供

 国際捕鯨委員会(IWC)では50年以上前から、鯨の人道的な捕殺手段について議論してきた。鯨を殺す際に苦痛を減らすための努力と改良を重ねてきた捕鯨は、野生動物の狩猟の中で最も動物福祉に配慮していると言える。

 ■野生動物の福祉

 動物福祉とは、人間が動物を利用することを前提に、動物が受ける苦痛を最小限にすることを意味する。牛や豚といった家畜、犬などのペット、ネズミなどの実験動物と比べ、野生動物の動物福祉は国や文化、宗教で考え方が違うことが多い。

この記事は有料記事です。

残り980文字(全文1202文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京、コロナの警戒レベルを最高に 「感染拡大」 小池都知事、緊急記者会見へ 

  2. 結核7人集団感染 1人死亡、6人は家族や関係者 北九州市

  3. 河井夫妻の保釈請求を却下 東京地裁決定

  4. 電脳女将・千鶴さん「早く帰ってきて」 声優が安否気遣う 湯布院の旅館家族不明

  5. 感染者と同席「コロナパーティー」 「無敵」と参加の30歳死亡 「間違いだった」言い残し

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです