特集

第94回センバツ高校野球

第94回選抜高校野球大会の特集サイトです。阪神甲子園球場での熱戦全31試合をLIVE配信します。

特集一覧

明徳義塾 選手紹介/2 新沢颯真選手/今釘勝選手 /高知

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
新沢颯真選手=須崎市で、北村栞撮影 拡大
新沢颯真選手=須崎市で、北村栞撮影

 <センバツ2020>

勝負強さはチーム一 新沢颯真選手(2年)

 ここ一番に強いチームの打点王。馬淵史郎監督が「入部したときから4番候補」と認めるスラッガーだ。

 2019年秋の県大会では調子が上がらず、先発メンバーから外れたが、フォームを見直して四国地区大会ではスタメンに復帰。4試合で13打点を挙げ「高校でも自分のバッティングは通用する」と自信を深めた。

 野球を始めた頃からボールを遠くに飛ばすのが楽しく、以前は打撃練習ばかりしていたという。明徳義塾に入学後は守備練習の厳しさに苦しみつつも、日々必死に食らいつき、守備力を向上させてきた。

 「チャンスでの勝負強さは(チームの誰にも)負けてない」。甲子園でも一振りで勝利をたぐり寄せる。

好守備で流れを作る 今釘勝選手(2年)

今釘勝選手=須崎市で、北村栞撮影 拡大
今釘勝選手=須崎市で、北村栞撮影

 軽やかな身のこなしでボールをさばき、高い守備センスを誇る。

 中学時代、甲子園で見た明徳義塾の守備のうまさが気になった。調べてみて守備に力を入れているチームだと知った。当時、バッティングにはあまり自信がなかったが、得意の守備を磨くことで「ここなら勝負できるんじゃないか」と進学を決めた。2018年夏の高知大会では当時の1年生で唯一、ベンチ入りを果たした。

 その年の秋、遊撃手から二塁手にコンバート。当初は試合でも捕球に苦しんだが、日々のノックで動きを体にしみこませた。今では好守備で流れを作る。

 この冬は苦手な筋力トレーニングにも励んでいる。2回戦で散った昨夏のリベンジを誓う。

あわせて読みたい