メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

迫力ある作品並ぶ 「美夜古の風 絵画作品展」 みやこ町で来月1日まで /福岡

大作が並ぶ絵画作品展(右から犀川さんの「白鷺」、城戸さんの「鳥の聲 誕生」)

 京築地域で活躍する画家ら約60人の作品を展示する「第14回美夜古(みやこ)の風 絵画作品展」が、みやこ町豊津のギャラリー「みどりの館」で開かれている。

 今回は、行橋市の城戸好保さんが東日本大震災をテーマに描いた「鳥の聲(こえ)『誕生』」(130号、「第64回新世紀展」最高賞の都知事賞)、みやこ町在住の日展会員、犀川愛子さ…

この記事は有料記事です。

残り245文字(全文407文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 日本の「感染者バッシング」「マスク警察」は、なぜ? コロナ禍があぶりだした「世間」の闇

  2. NTT、ドコモ完全子会社化 4兆円TOB検討 グループで5GやIoT促進

  3. 「自殺ない社会、作っていただけるようお願い」 官房長官 7月以降、増加に転じ

  4. 「アベノマスク」単価143円の記述 黒塗りし忘れか、開示請求で出した文書に

  5. あらわになる菅首相の経済ブレーン 「スガノミクスの指標」経済界注目

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです