メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

一点張り・論説室から

被災者支援制度 後追い脱却を=三野雅弘

 毎年のように自然災害が日本列島で起き、「被災者」が生まれている。支援態勢は十分と言えるだろうか。

 災害があるごとに新たな課題が表面化し、対応を迫られている現実がある。そろそろ包括的な支援制度を考えるときではないか。

 阪神大震災が発生した25年前は、災害弔慰金法に基づく「災害援護資金」がほぼ唯一の公的支援だった。国と自治体が1世帯に最大350万円を貸し付ける制度で、仕事や住居など生活基盤を失った多くの低中所得層が利用した。

 暮らしを立て直しながらの返済は大変だ。多くの返済が滞り、国は昨年にようやく保証人や低所得層の返済免除を認める立法措置をとった。それまでに四半世紀もかかっている。

この記事は有料記事です。

残り581文字(全文875文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「森三中」黒沢かずこさんが新型コロナウイルスに感染 発熱後、味覚異常残り受診

  2. 「検査数少なく正確な評価困難」 在日米大使館が「予測困難」と米市民に帰国促す

  3. 現金給付 「自己申告制」で1世帯30万円支給へ 「収入減」示す書類求める

  4. ナイトクラブや風俗業、休業補償の対象外 厚労省「公金助成ふさわしくない」に批判

  5. 「配布計画は裏目に出た」 アベノマスク批判、米欧主要メディアも報道

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです