メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

発言

歴史の影背負い友情と信頼=大笹吉雄 演劇評論家・日韓演劇交流センター会長

 「近くて遠い国」と言われた日韓の演劇交流を促進すべく、日本演出者協会の主導で七つの演劇団体が提携して、日韓演劇交流センターを創設したのが2000年だった。日韓の演劇人によるシンポジウム開催や、両国の現代戯曲の相互翻訳出版、ドラマリーディングの会を持つことなどを主な目的にした一般社団法人だ。東京で第1回の韓国の現代戯曲5本を翻訳してのドラマリーディングとシンポジウムの会を開いたのが02年だった。

 日本側の動きに応える形で、韓国でも韓日演劇交流協議会が立ち上げられ、ここの主催でソウルで日本の現代戯曲5本を翻訳してのドラマリーディングとシンポジウムが開かれたのが、その翌年だった。

この記事は有料記事です。

残り969文字(全文1260文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 佐々木国交政務官、感染学生「どこに入社するのかな」とツイート

  2. 岐阜市のナイトクラブ関連の感染者18人に 客の精神科医の0歳娘も

  3. 首相、緊急事態宣言へ 新型コロナ感染拡大受け 6日に諮問委員会

  4. 安倍首相 緊急事態宣言発令、近く判断 官邸関係者「いつ出てもおかしくない」

  5. 佐々木国交政務官「国のせいにしないで」 新型コロナ拡大巡るツイートに批判の声

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです