メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

論プラス

海賊版のダウンロード規制 「ネットの自由」配慮を 運営者の摘発優先で=論説委員・濱田元子

 インターネット上に違法にアップロード(公開)された漫画など海賊版のダウンロード(複製)を規制する著作権法の改正案が、今国会に提出される見通しだ。政府は昨年の通常国会で成立を目指したが、「ネット利用が萎縮しかねない」との懸念の声を受けて法案提出が見送られていた。仕切り直しの今回は「軽微なもの」は規制対象外として容認する方針が示された。ネット利用はもはや日常生活の一部だ。個人の自由な活動を不当に制約することのないよう、国会でも慎重に審議すべきだ。

 海賊版サイトとは、人気漫画などを無断でネット上に公開し、無料で閲覧させるサイトのことだ。2017年秋ごろから「漫画村」(18年4月閉鎖)が人気を集め、大きな社会問題となった。

 出版社から被害相談を受けて捜査していた福岡県警が昨年9月、フィリピンから強制送還されたサイト運営者を逮捕した。

この記事は有料記事です。

残り1895文字(全文2263文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型コロナ 新たに259人感染 国内計2933人に 東京で最多78人 山形で初確認

  2. 宮藤官九郎さん新型コロナ感染 「まさか自分が、と過信してしまい…」

  3. ファクトチェック 「死者数もっと多い」は本当か 死因不明の遺体「コロナだったら…」葬儀業界困惑

  4. 緊急事態宣言は「抜かない宝刀」? 安倍政権が恐れるシナリオ 新型コロナ

  5. 消えた「春開催」 小池知事のあの一言から…東京オリンピック1年延期

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです