新型肺炎会議 小泉氏、欠席を「反省」 野党追及に態度一変 森、萩生田両氏も地元会合

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
衆院予算委員会で自身の後援会新年会に出席して16日の新型コロナウイルス感染症対策本部を欠席したことについて「反省している」と答弁する小泉進次郎環境相=国会内で2020年2月19日午後1時10分、川田雅浩撮影
衆院予算委員会で自身の後援会新年会に出席して16日の新型コロナウイルス感染症対策本部を欠席したことについて「反省している」と答弁する小泉進次郎環境相=国会内で2020年2月19日午後1時10分、川田雅浩撮影

 小泉進次郎環境相が16日に首相官邸で開かれた政府の新型コロナウイルス感染症対策本部の会合を欠席して地元後援会の新年会に参加した問題を巡り、野党は19日の衆院予算委員会で追及を続けた。この日は森雅子法相と萩生田光一文部科学相も欠席し地元の会合に参加したことも判明。3人とも「指摘は真摯(しんし)に受け止める」などと釈明したものの、野党は「緩み」に対する批判を強めた。【野間口陽】

 問題は、18日の衆院予算委で共産党の宮本徹氏がインターネット上に小泉氏の後援会の新年会の写真が載っているなどと指摘して発覚。小泉氏は同日事実関係を認めたが「危機管理は万全だ」と繰り返し強調し野党は反発を強めた。

この記事は有料記事です。

残り607文字(全文902文字)

あわせて読みたい

ニュース特集