メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済観測

感染症との闘い=国家公務員共済組合連合会理事長・松元崇

 新型コロナウイルスは、感染経路不明の患者の出現によって、水際対策だけでは封じ込められないことが明らかになり、我が国の医療界が総力を挙げて取り組まなければならない段階に入った。そのような中、先週末、関係自治体から私ども連合会の病院にもダイヤモンド・プリンセス号の患者の受け入れ要請があった。

 感染症指定病院でない病院が、このような患者を受け入れることは通常ないが、船内の患者が350人以上にもなる事態の中で、それらの患者を設備の整った医療機関に移すことで、早急の全員下船を実現するための、有事の特例的な要請だったと思われる。

 要請にあたっては、自治体によって、受け入れ患者からの2次感染のリスクをコントロールできることの確認が行われ、患者は陰圧となる病床に受け入れられている。風評被害を起こさないために病院名は公表されていないが、同様の確認が行われた多数の先進的な病院が手分けして、新型コロナウイルスとの総力戦に加わっているはずである。

この記事は有料記事です。

残り314文字(全文732文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相、緊急事態宣言を発令 7都府県対象、5月6日まで

  2. 新型コロナ休校でお子さんは疲れていませんか? 親が子供にやってはいけないこと

  3. 無症状、軽症者ホテル受け入れ「原則反対」 旅行会社、ホテルの労組

  4. 現金給付の厳しい条件など「不満のオンパレード」自公に続出 早くも「更なる経済対策を」

  5. 首相「感染者1カ月後8万人超えも」 接触機会7~8割減で「2週間後減少に」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです