メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

賢い選択

薬の効果/5止 膝軟骨再生「裏付けなく」承認

ジャックの審査報告書では、「軟骨の修復」という本来の効果は認められなかった

 日本では、国の審査機関の承認を受けた医薬品や医療機器などが広く利用可能となる。だが、承認しつつも審査機関が「ダメだし」していたとしたら……。「賢い選択」の薬や治療の効果を問う新シリーズ最終回は、有効性を巡って揺れる新しい膝軟骨の治療を取り上げる。

 ●問題点を列挙

 「軟骨組織の修復に関する成績は示されていない」「提出された臨床試験成績から本品の有効性を評価することは困難」――。2012年に承認された軟骨の再生医療製品「ジャック」を巡り、審査した医薬品医療機器総合機構(PMDA)の報告書には問題点が列挙されていた。開発したのは、富士フイルムの子会社の「ジャパン・ティッシュ・エンジニアリング」(愛知県蒲郡市)だ。

 ジャックは、スポーツなどによるけがで軟骨を損傷した膝の痛み(疼痛(とうつう))を緩和し、膝関節を動かしやすくするための再生医療製品だ。患者本人から取った正常な膝軟骨を培養し、損傷部分に移植する。狭い範囲の損傷では他から軟骨を移植する治療法などがあるため、ジャックは4平方センチよりも広い範囲の軟骨を損傷した患者に使われる。

この記事は有料記事です。

残り987文字(全文1457文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 横浜の「コロナファイター」卵 研修医2人感染 3月下旬に連日同期会やカラオケ

  2. 時の在りか 国家でコロナに勝てるか=伊藤智永

  3. 緊急事態宣言「非常に切迫」 西村経済再生相、東京の118人感染判明受け

  4. 佐々木国交政務官「国のせいにしないで」 新型コロナ拡大巡るツイートに批判の声

  5. 佐々木国交政務官、感染学生「どこに入社するのかな」とツイート

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです