メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

坂村健の目

正しく恐れる、ということ

 明治中期から昭和初期の物理学者で随筆家としても有名な寺田寅彦は「ものをこわがらな過ぎたり、こわがり過ぎたりするのはやさしいが、正当にこわがることはなかなかむつかしい」と書いた。東日本大震災での原発事故について多くの科学的でない言説が流れ、風評被害や被災者差別につながるなどした。そこで「感情でなく科学知識を持って状況を正しく理解し恐れるべし」という戒めとして彼の言葉が見直された。

 もちろんこの言葉自体は中立で、恐れるべきときに恐れないこともまた「正しく恐れる」に反する。そこで問題は、何が「正しい」かだ。放射能のようなよくわかっている物理現象と違い、生物は少し遺伝子が変わるだけで大きく違う「新型」になりうる。新型コロナの研究は進んでいるものの、残念ながら何が「正しい」かをはっきり言えるところまではきていない。

この記事は有料記事です。

残り814文字(全文1172文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 天皇陛下、「深い反省の上に立ち」不戦の決意を表明 全国戦没者追悼式

  2. 天然アユ食べて健康な目に 病気予防の色素豊富 岐阜薬科大グループ発表

  3. 「パンパン」から考える占領下の性暴力と差別 戦後75年、今も変わらぬ社会

  4. 本当に「倍返し」ある? 銀行員たちに聞いたドラマ「半沢直樹」の虚と実<前>

  5. 俳優の渡哲也さん死去 78歳 ドラマ「西部警察」 「くちなしの花」ヒット 石原プロ前社長

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです