メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

月刊アマ野球

データ重視の起用、奏功 アジアウインターベースボール初V 社会人日本代表・石井章夫監督(55)

アジアウインターベースボール初優勝を振り返る石井章夫監督

 台湾で2019年11~12月に開かれたアジアウインターベースボールで、日本野球連盟(JABA)選抜が初優勝を果たした。社会人日本代表候補選手の強化を目的に参入してから3度目の出場で、日本、韓国、台湾のプロ選抜を破って快挙を達成した。社会人日本代表監督を務める石井章夫監督(55)は今大会、データに基づく選手起用を取り入れ、「新たな試みによる結果も出て良かった」と手応えを口にしている。【岩壁峻】

 大会には日本野球機構(NPB)白(巨人、ロッテ、DeNA、中日、阪神)、NPB紅(ソフトバンク、楽天、西武、ヤクルト、オリックス)、台湾と韓国のプロ選抜、台湾の味全ドラゴンズを含めた6チームが参加した。JABA選抜のメンバーは、北海道、東北、北信越、関東、東海、近畿、中国、四国、九州の全地区から招集された21~26歳の30人。北村祥治(トヨタ自動車)、渡辺和哉(JR東日本)、佐藤竜彦(ホンダ)以…

この記事は有料記事です。

残り782文字(全文1180文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 元吉本新喜劇座長で喜劇役者 木村進さん死去、68歳

  2. 身内にも「自助」要求? 菅氏方針にざわつく党内 連続比例復活で「重複」禁止

  3. イラン核科学者暗殺 開発計画で中心的役割 実行犯不明

  4. 「夢のようなディズニー特別ツアー」詐欺相次ぐ 被害者が信じ込んだ、その手口

  5. 「5000円でもできる」強弁 桜を見る会迷走、はぐらかしの菅氏答弁を振り返る

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです