自民党細田派 「ポスト安倍」で苦慮 派内は後継者不足

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
首相と細田派の総裁候補ら
首相と細田派の総裁候補ら

 安倍晋三首相(自民党総裁)の出身派閥・細田派(97人)で、「ポスト安倍」を見据えた動きが表面化し始めている。「派内が活発化する」(同派幹部)と歓迎する声が上がるが、今のところ有力候補者は不在の状況。同派に強い影響力を持つ首相は自らの後継に岸田派会長の岸田文雄政調会長を推すとみられる。党内最大派閥は対応に頭を悩ませる。

 「細田派から次の総裁候補を出せなければ、他派閥の草刈り場になってしまう」「出せなければ派閥を抜ける」

この記事は有料記事です。

残り857文字(全文1068文字)

あわせて読みたい

注目の特集