メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型肺炎 ASEAN諸国と中国、感染拡大阻止で連携強化確認 各国に温度差も

新型コロナウイルス対策の緊急会合を開いた中国の王毅外相(中央)とASEAN諸国の外相=ビエンチャンで20日、AP

 新型コロナウイルスへの対策を巡り、東南アジア諸国連合(ASEAN、加盟10カ国)と中国は20日、ラオスの首都ビエンチャンで特別外相会議を開き、感染拡大阻止に向けた連携強化を確認した。中国からの入国制限などでASEAN諸国の対応に温度差がある一方、会合開催を提案した中国には、地域の安全に尽力する大国のイメージを守る意図があるとみられる。【バンコク高木香奈、ジャカルタ武内彩、北京・河津啓介】

 共同声明によると、薬やワクチンの研究開発協力のほか、保健相や高官会議を通じて対話を強化するとしている。経済や社会的影響の軽減に努め、地域内の人的交流や貿易・投資活動を共同で維持することも確認した。

この記事は有料記事です。

残り837文字(全文1132文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 長女はひつぎにうどんを二つ… 原爆小頭症の吉本さん逝く 孤独と痛みに耐えた74年

  2. 「へずまりゅうの弟子」名乗るユーチューバー逮捕 山口の墓地で卒塔婆振り回した疑い

  3. ORICON NEWS 『鬼滅の刃』2日連続で全国5紙ジャック、朝刊に広告「想いは不滅」 主要15キャラの名言&作者メッセージ掲載

  4. 大飯原発の設置許可取り消し 住民ら原告側勝訴 大阪地裁判決

  5. 「ピーク越え?」「局地的には厳しい」「ワクチン評価まだ」 専門家も戸惑うコロナの不思議

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです