メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

防災やゲーム開発に活用を 奈良・香芝市、三次元道路データを一般公開

香芝RIDで公表している3次元データ。近鉄五位堂駅前では、バスターミナルの街灯(右側)や待合場の屋根の高さも表示された=同ホームページから

 奈良県香芝市は、市内の道路や沿道の建物を車載レーザースキャナーで撮影した三次元データを、特設サイト「香芝RID」で14日から一般公開した。こうしたデータは公共事業に伴う自治体の測量などで広く使われているが、誰でも利用できるオープンデータとして公表するのは全国でも初という。防災マップ作成やゲーム開発などさまざまな用途での活用が期待される。

 特設ページ(https://sites.google.com/view/ksb-rid/)にアクセスすると、計約7000地点のデータを道路地図上から確認でき、沿道の建物や電線、道路看板なども点描の画像として再現される。特定の2点間の距離や、沿道の建物の高さなども1センチ単位で確認でき、専門業者以外でも、自宅や避難ルートの海抜高度を盛り込んだ自分用の防災マップを製作したり、位置情報を使った仮想現実…

この記事は有料記事です。

残り170文字(全文540文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宅八郎さん死去 57歳 「おたく評論家」の肩書でテレビ番組出演

  2. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

  3. 「へずまりゅうの弟子」名乗るユーチューバー逮捕 山口の墓地で卒塔婆振り回した疑い

  4. ORICON NEWS 『鬼滅の刃』2日連続で全国5紙ジャック、朝刊に広告「想いは不滅」 主要15キャラの名言&作者メッセージ掲載

  5. 「現場感覚ではもう今が限界」埼玉医大教授のSNS投稿が拡散 コロナ楽観論を懸念

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです