メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東京マラソン 沿道応援の自粛呼びかけ 例年は沿道に100万人

東京マラソンで次々とフィニッシュするランナーたち=東京都千代田区で2019年3月3日午後(代表撮影)

 新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大を受け、東京マラソンの主催財団は、エリート選手のみで実施することにした3月1日のレースについて、例年約100万人規模となる沿道での観戦を自粛するよう呼びかけることにした。感染拡大を防ぐため、所属チームや一般ファンなどからの問い合わせに対し、応援自粛を「お願い」しているという。

 東京マラソンに出場するのは、車いすの部も含めてエリートの選手のみで、200人規模となる見込み。男子は東京五輪代表の残り1枠を巡る選考会を兼ね、日本記録保持者の大迫傑(ナイキ)や前日本記録保持者の設楽悠太(Honda)、2018年アジア大会金メダリストの井上大仁(MHPS)ら国内トップ選手が出場を予定する。

この記事は有料記事です。

残り101文字(全文413文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「政府があらゆる記録を残すのは当然」 菅首相の新書から消えた言葉の重み

  2. アメリカを歩く 大統領選後も残る「トランプなるもの」 ある支持者が語った正しさへの憎しみ

  3. オウム 松本元死刑囚、執行直前の様子「ちょっと待って」

  4. 菅首相の妻・真理子さんが外交デビュー ベトナム首相夫人主催の昼食会出席

  5. 「倒れそう」と職員悲鳴 接触確認アプリで保健所に電話殺到 なぜパンク寸前に?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです