メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第65回青少年読書感想文全国コンクール 東京で表彰式

[PR]

秋篠宮あきしののみや夫妻ふさいむか朗読ろうどく感謝かんしゃのあいさつ

 だい65かいせいしょうねん読書感想文どくしょかんそうぶん全国ぜんこくコンクール(全国ぜんこく学校図書館がっこうとしょかん協議会きょうぎかい毎日新聞社まいにちしんぶんしゃ主催しゅさい内閣府ないかくふ文部科学省もんぶかがくしょう後援こうえん、サントリーホールディングス株式会社かぶしきがいしゃ協賛きょうさん)の表彰式ひょうしょうしきが7なのか秋篠宮あきしののみや夫妻ふさいむかえて経団連会館けいだんれんかいかん東京都千代田区とうきょうとちよだく)でひらかれ、受賞者じゅしょうしゃ賞状しょうじょうなどがおくられました。コンクールには、全国ぜんこくまん5579こうから397まん5894ぺん応募おうぼがありました。

 内閣総理大臣賞ないかくそうりだいじんしょう受賞じゅしょうした千葉県柏ちばけんかしわ市立しりつかしわ第一だいいちしょうねん関口せきぐち結子ゆいこさんは、「魔女まじょののろいアメ」(PHP研究所けんきゅうしょ)をんだ感想文かんそうぶん朗読ろうどくしました。のろいの意味いみ辞書じしょ調しらべ、「かたによって、よい意味いみにもわる意味いみにもなる」ことをったそうです。「たくさんひとのよいところをて、よい意味いみ言葉ことばおお使つかうようになったらいいな」と一言ひとこと一言ひとことはっきりむと、会場かいじょうからおおきな拍手はくしゅおくられました。

 どうしょうかがやいた埼玉県草加さいたまけんそうか市立しりつ谷塚やつか小学校しょうがっこうねん石黒いしぐろりゅうさんが、受賞者じゅしょうしゃ代表だいひょうしてあいさつしました。「ぼくの世界せかいひろげてくれたあたらしいほんとの出合であいに『ありがとう』というおもいと、そしておおきなしょうまでいただくことができて、本当ほんとう感謝かんしゃ気持きもちでいっぱいです」とかたりました。

 秋篠宮あきしののみやさまは「本日ほんじつ受賞じゅしょうされるみなさまをはじめ、一人ひとりでもおおくの人々ひとびとほんしたしみ、さまざまなひと気持きもちに共感きょうかんし、視野しやひろげ、かんがえをふかめ、こころゆたかにすることができる読書どくしょにつけていただくことを期待きたいいたします」とべられました。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ペナルティのワッキーさん、中咽頭がん治療のため一時休養

  2. 東京都の感染、新たに14人 7日連続で10人以上

  3. アーモンドアイ「8冠」ならず 国枝調教師「ため息しか出ない」 優勝はグランアレグリア GⅠ安田記念

  4. 法務省「黒川氏の退職、捜査に支障ない」 定年で「重大な障害」だったのでは?

  5. 匿名の刃~SNS暴力考 ブス、ばか…はるかぜちゃんが受け続けてきた悪意 選んだのは「訴訟」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです