メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

坂井市20年度当初予算案 教育の充実図る 一般会計425億円 /福井

 坂井市は20日、総額425億5300万円(前年度当初比3・5%減)の2020年度一般会計当初予算案を発表した。過去最大となった前年度に次ぐ規模。子育て支援や教育の充実を図るほか、公共施設の再整備に予算が膨らんだ。予算案は25日開会の定例市議会に提出される。

 主な事業は、公共施設の長寿命化を図る整備事業で、18年度に始まり新年度内に完成を目指す本庁舎の整備に33億4291万円を計上した。増築棟に市民生活課や納税課など窓口部門を集約して利便性を高める。既存の本庁舎は耐…

この記事は有料記事です。

残り354文字(全文589文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「新型コロナの検査させて」 小学生らを誘拐未遂、容疑で23歳逮捕 兵庫県警

  2. 愛知知事リコール運動 大阪・松井市長、賛同の吉村知事に苦言「県民が判断」

  3. GoToキャンペーン 国交相、異例の金額と認め縮小言明 業者選定過程は公表せず

  4. 巨人の坂本、大城がコロナ感染 練習試合中止 NPB「19日開幕に影響ない」

  5. 「鬼滅の刃」アニメ制作会社と社長を告発 1.4億円脱税容疑 キャラ店舗帳簿改ざん

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです