メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

生活相談Q&A

高齢者の住まい探し /兵庫

 Q 現在住んでいる賃貸住宅が老朽化して建て替えることになり、貸主から立ち退くように言われました。住み替えようにも、高齢であることや連帯保証人がいないなどの理由から、入居を断られてしまいました。高齢者でも断られにくい賃貸住宅を探す方法はありますか。(70代女性)

 A 高齢者の入居には、居室内の死亡事故や家賃の未払いなどの不安から、入居を拒む貸主もいるのが現状です。ただ、すべての賃貸住宅で入居を断るわけではありません。気になる物件がある場合は、不動産業者へ問い合わせてみましょう。ほかにも、貸主が安心できるサービスを利用することで入居できる場合もあります。例えば、地域包括支援センターや社会福祉協議会による電話や訪問での定期的な安否確認や民間のサービスを利用してセンサー等の取り付けで安否確認ができるものなどが考えられます。

 また、連帯保証人がいなくても、連帯保証人の業務を代行する家賃債務保証会社を利用することで入居できる可能性もあります。利用するにはそれぞれ条件などがありますので、不動産業者へ問い合わせてみましょう。

この記事は有料記事です。

残り460文字(全文922文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 感染177カ国・地域、世界全域で68万人 死者3万人超える 新型コロナ

  2. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  3. 新型コロナ不況になぜ1人20万の給付金が必要なのか 反緊縮・経済学者の提言を読む

  4. 「このままでは餓死」失職労働者、都市部から歩いて故郷へ 感染拡大懸念 全土封鎖のインド

  5. 新型コロナで都市封鎖は実行されるのか 小池都知事「ロックダウン」警告の真意

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです