メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ペット化学物質汚染、学術書に 愛媛大・水川准教授、野見山准教授が執筆参加 /愛媛

執筆者の一人、スウェーデンのジャナ・ワイスさん(右端)とともに環境国際学会のセッションで座長を務めた水川准教授(右から2人目)=ポーランド・クラクフで2018年、愛媛大提供

 飼いイヌやネコに忍び寄る化学物質の汚染。それはヒトの健康への影響を探ることにもつながる。こうした問題意識から、世界の研究者が先駆的な学術書を英文で発表した。「Pets as Sentinels,Forecasters and Promoters of Human Health」。アジアからは愛媛大の水川葉月准教授(34)=環境化学、野見山桂(けい)准教授(40)=環境共生学=が参加している。【松倉展人】

 「人間の健康の歩哨者、予測者、推奨者としてのペット」と訳され、スイスの出版社が書籍と電子書籍で出版した。ペットのイヌやネコの化学物質による汚染が過去10年あまりの研究で次第に明らかになってきたため、スウェーデン、ベルギー、カナダ、米国、ブラジルなど8カ国の研究機関の学者が約2年半をかけ、15章を執筆。室内の残留性有機汚染物質や神経毒性のある金属がペット、ひいてはヒトに及ぼす作用など環境面の問題に…

この記事は有料記事です。

残り749文字(全文1153文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ゾウの死骸に大量のプラごみ タイ当局解剖、消化器官に詰まり出血か

  2. なぜ首相は「痛感」した責任を取らない? 安倍流処世術、軽さの原点

  3. 首相を不祥事から守れば出世できるのか 太田主計局長の財務次官内定で感じた「既視感」

  4. 大阪モデル黄信号 吉村知事「ピンポイントの戦略打つ」 「夜の街」対策を徹底 休校や施設休業は求めず

  5. どこへGo Toすれば… 外出配慮?旅行? 都民惑わす政策のちぐはぐ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです