メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者有情

1.7倍 /福岡

 「統計開始の1976年からの10年と比べ、2018年までの10年間に1時間降水量80ミリ以上が起きた回数は1・6倍」。小郡市であった講座で福岡管区気象台の気象防災情報調整官の言葉に手元の資料を二度見した。

 気象庁ホームページで確認すると1月更新の最新情報では1・7倍。わずか四十数年の変化だ。調整官…

この記事は有料記事です。

残り169文字(全文319文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 女優の竹内結子さん、都内の自宅で死亡 40歳

  2. ORICON NEWS 竹内結子、第2子出産後初の公の場 息子の成長に感慨

  3. 杉田水脈氏 性暴力被害者巡り「女性はいくらでもうそ」 問題発言繰り返す背景とは

  4. 「やる気ないなら担当変える」河野行革相、放送規制改革で文化庁に発破

  5. 虫歯治療後に2歳死亡 福岡の小児歯科元院長を近く在宅起訴へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです