メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

追跡

新型肺炎対策 ASEANと連携 中国、往来正常化促す

新型コロナウイルス対策の緊急会合を開いた中国の王毅外相(中央)とASEAN諸国の外相=ビエンチャンで2020年2月20日、AP

 新型コロナウイルスへの対策を巡り、東南アジア諸国連合(ASEAN、加盟10カ国)と中国は20日、ラオスの首都ビエンチャンで特別外相会議を開き、感染拡大阻止に向けた連携強化を確認した。中国からの入国制限などでASEAN諸国の対応に温度差がある一方、会合開催を提案した中国には、地域の安全に尽力する大国のイメージを守る意図があるとみられる。【バンコク高木香奈、ジャカルタ武内彩、北京・河津啓介】

 共同声明によると、薬やワクチンの研究開発協力のほか、保健相や高官会議を通じて対話を強化するとしている。経済や社会的影響の軽減に努め、地域内の人的交流や貿易・投資活動を共同で維持することも確認した。

この記事は有料記事です。

残り1682文字(全文1977文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 今夏の湘南、海水浴は難しそう 開場なしで「無秩序状態に」不安の声も

  2. 京アニ容疑者、医療関係者に謝意 「こんなに優しくしてもらったことなかった」

  3. 新型コロナ 北九州、第2波恐れ 新規感染、4日で14人

  4. 北九州市で新たに16人 8日連続の感染確認 計85人に

  5. 新型コロナ 休業要請全解除、北九州以外実施 福岡県・来月から

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです