G20 新型肺炎が焦点 財務相会議あす開幕 世界経済の下振れリスク

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 主要20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議が22、23日、サウジアラビアの首都リヤドで開かれる。肺炎を引き起こす新型コロナウイルスの感染拡大に伴う世界経済の下振れリスクへの対応が主な議題となる。デジタル通貨や多国籍企業に対する課税強化なども議論される。

 中国を中心とした新型コロナウイルスの感染拡大は、中国の景気減速のみならず、世界的な部品供給の混乱や貿易の停滞、消費減退など世界経済の新たな下振れリスクになっている。国際通貨基金(IMF)のゲオルギエワ専務理事は19日の声明で、新型コロナウイルスが「最も切迫した不確実性になっている」と指摘した。ただ、現時点で影響の…

この記事は有料記事です。

残り435文字(全文725文字)

あわせて読みたい

注目の特集