メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ひと

山室晋也さん=サッカーJ1清水エスパルス社長に就任

サッカーJ1清水エスパルス社長に就任した山室晋也さん=福田智沙撮影

 プロ野球・ロッテの球団社長を退き、1月にサッカーJ1清水エスパルス(静岡市)の社長に就任した。球界からサッカー界への転身は異例だが、低迷するクラブの立て直しを託され、「優勝できるチームを実現させる」と自信をのぞかせる。

 元々、法人融資に携わってきた銀行マン。火中の栗を拾う性格で、人生の節目では困難な道を選んできた。みずほフィナンシャルグループ子会社の社長時代に「ここで終わりたくない」と知り合いの財界人に相談。慢性的な赤字に苦しむロッテ球団を紹介され、縁のなかったプロスポーツの世界に飛び込んだ。

 2014年に就任し、人々の心や感性にどう訴え、注目を集めて収益を上げるか考えてきた。特にファンサービスに力を入れ、18年に初の黒字を達成。翌年の観客動員数は球団記録を更新した。話題作りで、ヤクルトにフリーエージェント(FA)移籍した選手の補償にマスコットのつば九郎を求めたこともあった。

この記事は有料記事です。

残り304文字(全文698文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 北海道でコロナ感染増 「検査が増えたから当たり前」ではない理由

  2. 大阪都構想 反対が賛成上回る 9月上旬の前回調査から賛否逆転 世論調査

  3. 「優しく温厚。成人式で会えると…」 大阪・巻き添え死 女子学生の友人が涙

  4. 前回世論調査に比べ反対比率が急増 都構想の行方、最終盤までもつれそう

  5. 群馬県警大泉署で10人がコロナ感染 署長含む7割が自宅待機 運転免許業務停止

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです