メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

インタビュー・最前線

川村義肢 川村慶社長 パラ選手、道具で支え スポーツを諦めぬ社会へ

義肢を持ち、パラスポーツへの思いを語る川村義肢の川村社長=大阪府大東市で、杉山雄飛撮影

 <週刊金曜経済 Kin-yo Keizai>

 開幕まであと半年に迫った東京パラリンピック。全国トップの義肢装具メーカー「川村義肢」(大阪府大東市)は冬季スポーツも含め国内8競技約30人のパラアスリートに競技道具を提供し、パフォーマンスの下支えをしている。3代目となる川村慶社長(50)にパラスポーツに込める思いや事業の展望を聞いた。【杉山雄飛】

 ――東京パラリンピックにはどう関わりますか。

この記事は有料記事です。

残り1445文字(全文1641文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 未解明だった数学の超難問「ABC予想」を証明 京大の望月教授 斬新・難解で査読に8年

  2. ナイトクラブや風俗業、休業補償の対象外 厚労省「公金助成ふさわしくない」に批判

  3. 新型コロナ感染、福岡市の女性死亡 九州の感染者で初

  4. 新型コロナ 県内感染者「3次」含む8人に 富山のケアマネら 氷見の職安、当面閉庁 /富山

  5. 石川の路線バス男性運転手が感染 金沢や野々市で3日に403便運休へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです