メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東証、株式市場を「4→3」に 制度改正の骨子公表 22年4月に移行

 日本取引所グループ(JPX)は21日、東京証券取引所の株式市場を現在の4市場から3市場に再編する制度改正の骨子を公表した。2022年4月1日に移行する。東証1部上場企業は、厳格化される新基準を満たさなくても最上位の市場に横滑りできる経過措置を設け、猶予期限は示さなかった。

 「降格」の恐れがある企業に配慮したため、魅力的な市場に刷新する当初の狙いはかすんだが、JPXの清田瞭最高経営責任者(CEO)は「現実論としてできるベスト」と強調した。

 東証4市場(1部、2部、マザーズ、ジャスダック)を3市場(プライム、スタンダード、グロース=いずれも仮称)に再編することが柱。プライムの上場基準は市場で売買できる「流通株式」の時価総額100億円以上で、これを下回れば上場廃止とする。上場基準を満たさなくなった場合に東証1部から2部に移行できる「指定替え」制度は無くなる。

この記事は有料記事です。

残り568文字(全文950文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 石川知事「交流は地域活性化」 宣言地域からの往来自粛呼びかけず、県民に不安の声

  2. 感染拡大でもなかなか減らない通勤 「窮屈な」日本特有の働き方

  3. 殺菌効果は半永久 ウイルスの不活性を早める銅繊維シート開発 新型コロナ

  4. 職員室で飛び交う暴言、下ネタ 「機能不全」に陥った神戸・東須磨小の抱えた「闇」

  5. 新型コロナ感染の大阪・毎日放送役員が死去

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです