メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型肺炎 中国からの入国規制、広がる 日本を対象にする国も

新型コロナウイルス対策の緊急会合を開いた中国の王毅外相(中央)とASEAN諸国の外相=ビエンチャンで20日、AP

 新型コロナウイルスの感染による肺炎が拡大の一途をたどる中、自国への感染者流入を防ぐため、新型肺炎の「震源地」となった中国からの入国制限が広がっているほか、それ以外の感染者が出た国からの入国や訪問を抑制する動きが出ている。WHOは11日に「国際的な人の移動や貿易の制限は勧めていない」との意見を公表しているが、人の移動を制限する措置は強化されているのが実情だ。

 中国国家移民管理局によると13日時点で、世界130カ国が中国人の入国停止や健康状況の申告義務づけなどの入国制限措置を実施。各国の報道などによると、米国やオーストラリア、シンガポールなどは自国民を除き、直近2週間以内に中国本土に滞在歴がある人については、原則として入国を拒否する措置を実施した。

この記事は有料記事です。

残り841文字(全文1168文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 京都府警、アベノマスク窃盗容疑で81歳逮捕 自宅からも78枚見つかる

  2. 猛毒「フッ化水素酸」か、こぼれ異臭 東京・秋葉原の路上、けが人なし

  3. 愛知知事リコール運動 大阪・松井市長、賛同の吉村知事に苦言「県民が判断」

  4. 20代男性死亡、死者3人に 容疑者「家族殺すつもりだった」 兵庫・ボーガン事件

  5. 岐阜、長野、茨城……相次ぐ地震の原因は、南海トラフとの関連は 気象庁に聞いた

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです