メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

露が20年米大統領選も介入の兆候 当局が議会に報告 米メディア報道

 ニューヨーク・タイムズ紙など米メディアは20日、ロシアが11月の米大統領選でトランプ大統領の再選を目指し介入を試みている兆候を当局がつかみ、米議会に報告したと報じた。トランプ氏は2016年大統領選へのロシア介入に懐疑的な見方を繰り返し示しており、今後、野党・民主党との対立の新たな火種になるとみられる。

 16年大統領選を巡って米情報機関は、ソーシャルメディアを用いた世論誘導などによりロシアが干渉したと結論づけ「20年大統領選も狙われている」と警告してきた。

この記事は有料記事です。

残り261文字(全文491文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. #排除する政治~学術会議問題を考える 「まるでモラハラのよう」 矛盾だらけの「改革」論議 名大・隠岐さや香教授

  2. 愛子さま、19歳に 今春に大学進学 オンライン授業、課題などで忙しく

  3. ながら運転厳罰化1年 「スマホ触らないで」 名神の追突死亡事故、遺族訴え

  4. GoToトラベル利用のバス旅行で10人がコロナ感染 福岡

  5. 社説 森友問題への政府対応 歯止めかからぬ国会軽視

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです