メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

雪まつりスタッフも感染 北海道5例目、「市中感染」する段階に 新型肺炎

国立感染症研究所が分離した新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真=同研究所提供

 北海道内5例目となる新たな感染者が確認された。札幌市内に住む40代の日本人男性で、3例目として19日に発表された40代男性とともに、冬の風物詩「さっぽろ雪まつり」の会場スタッフだった。20日に発表した市は、通常の生活を送る市民の間で感染が拡大する「市中感染」の段階に入ったとし、注意を呼びかけた。

 市によると、男性2人は1~12日、同市中央区で開催されていた「さっぽろ雪まつり」大通西2丁目会場のプレハブ小屋で、事務作業に従事していた。2…

この記事は有料記事です。

残り330文字(全文550文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福岡99.8%、東京98% 新規感染減に不可欠な「行動抑制率」 専門家が試算

  2. 任天堂、スイッチ国内出荷を一時停止 外出自粛で需要増に生産追いつかず

  3. 感染者全国5番目、死者は東京に次ぐ2番目 なのになぜ愛知は「宣言」対象外?

  4. 中1女子被害 強制わいせつ容疑者の動画 小倉北署公開

  5. 外出自粛で追い込まれる個人経営の飲食店 業界関係者が応援サイト立ち上げ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです