メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

カタカナばかり…「何をする課か分からない」県の組織改編に議会反発 群馬

群馬県庁=前橋市大手町で2019年2月22日、菊池陽南子撮影

 来年度からの群馬県知事部局の大規模な組織改編について、県議会から不満や反発が噴出した。県議会は異例の全員協議会を9年ぶりに開催。県側の説明に対し、出席者からカタカナ表記ばかりの新部署に、「何をする課か分からない」「決定までの議論が不十分だ」などの指摘が相次いだ。【鈴木敦子】

 山本一太知事は県議会に対し、企画、生活文化スポーツ、こども未来の3部を廃止・改編し、「知事戦略部」など3部を新設するなどの大規模な組織改編案を提案。これに県議会側は十分な事前説明のないことや、発表から2カ月弱で新組織に移行する…

この記事は有料記事です。

残り378文字(全文630文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ブルーインパルス飛行「プロセスはどうでもいい」 経緯明かさぬ河野防衛相に疑問の声

  2. 学校、公共施設で次亜塩素酸水の噴霧休止相次ぐ 厚労省「濃度次第で有害」

  3. ブルーインパルス都心飛行「私が指示」 河野防衛相がブログで明かす

  4. 「花火を見て元気になって」 新型コロナ終息願い、各地で“サプライズ”打ち上げ

  5. やっぱり新型コロナ危険因子だった喫煙、肥満 「足の赤いあざ」が示す感染の疑い

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです