カタカナばかり…「何をする課か分からない」県の組織改編に議会反発 群馬

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
群馬県庁
群馬県庁

 来年度からの群馬県知事部局の大規模な組織改編について、県議会から不満や反発が噴出した。県議会は異例の全員協議会を9年ぶりに開催。県側の説明に対し、出席者からカタカナ表記ばかりの新部署に、「何をする課か分からない」「決定までの議論が不十分だ」などの指摘が相次いだ。【鈴木敦子】

 山本一太知事は県議会に対し、企画、生活文化スポーツ、こども未来の3部を廃止・改編し、「知事戦略部」など3部を新設するなどの大規模な組織改編案を提案。これに県議会側は十分な事前説明のないことや、発表から2カ月弱で新組織に移行する…

この記事は有料記事です。

残り378文字(全文630文字)

あわせて読みたい

注目の特集