JR西日本 車椅子用に段差解消技術開発へ 試作機を報道公開

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 JR西日本は、車椅子を使用する乗客のためホームと列車の隙間(すきま)や段差を自動的に解消する技術の開発に乗り出し、21日に試作機を報道公開した。列車の到着に合わせて、ホームの端に埋め込まれた昇降板が前方にスライドし、スロープの機能を果たす仕組み。現在は駅員が専用の「渡し板」を列車の到着ごとに設置しているが、駅員がいなくてもス…

この記事は有料記事です。

残り246文字(全文410文字)

あわせて読みたい

注目の特集